M5Stack用フレームの改善(対応完了版)

M5Stack用フレームを改善してみるでご紹介した方法をベースとして、色々と試行錯誤し、何とか下記に示すような手順を確立しました。現在は、この手順で製造したものを出荷しています。(なにぶん、手作業でやってますので、出来栄えに多少のばらつきがあります。ご容赦ください。) “M5Stack用フレームの改善(対応完了版)” の続きを読む

M5Stack用フレームを改善してみる

M5Stack用ユニバーサル基板キットに添付しているフレームですが、正直、精度があまり高くありません。

当該記事や販売サイトに載せている写真を見ていただければわかりますが、フレームにあるツメの部分が荒く、欠けていたりします。

原因ですが、ウチの3Dプリンタ特有のものなのか、造形の底面側があまりキレイに出力されません。でも、上面側は比較的キレイに出ます。

“M5Stack用フレームを改善してみる” の続きを読む

ラインモニタ(UART)のインタフェース回路

久々の投稿になります。

4月ごろにM5Stackの存在を知って購入し、電子工作向けなどちょっとしたツールを作れないか、色々調べつつ検討してきました。

で、お盆休みの1週間を使って、やっとラインモニタ(UART)を何とか形にしました。

この段階ではソフトウェア上の話なので、実際に使えるようにするには、RS-232C信号を入力するインタフェース回路が必要になります。

で、色々と失敗したので、書き残しておこうかと。

“ラインモニタ(UART)のインタフェース回路” の続きを読む

やっと、それなりに3Dプリントできました。

2週間ほど試行錯誤しました。

  • Z軸(材料が抽出されるヘッドと、造形物が積層されるベッドの隙間)の調整
  • ベッドのレベリング(水平度)の調整
    • 本体に添付の説明書には記載されておらず、YouTube(MOOZの3点レベリング調整)で見つけました。(これを見つけるまで、ベッドのネジ止めをやり直したり、少し緩めてみたり、色々試しました。)
  • 3Dモデルを横置きに変更

など。

で、やっとイイ感じの出力ができました。(結局、縦置きの方がよかった)
“やっと、それなりに3Dプリントできました。” の続きを読む

3Dプリンタを購入

製品開発に役立てようと思い、以前から気になっていた3Dプリンタを購入しました。

有名なところで、ダヴィンチあたりかなぁとか考えていたんですが、クラウドファンディング のMakuakeでMOOZなるものを見つけ、フルセットは売り切れていたのですが、基本セットからのアップグレードも後から(通常より安く)できるとのことで、購入(出資)を決めました。

“3Dプリンタを購入” の続きを読む

LPC81XのISPモードの互換がなくなっている模様

LPC810のディスコン対策として、LPC811/812のピン配置を並び替える基板(LPC810化基板)を作成しました。

チップのISPエントリピンが移動になっていることに、いまさら気づきました。

これは、ISPモードを使ってプログラム書き込む場合に問題になります。(ウチでは、トラ技ARMライタを使っているので、問題なく書き込めてました)

“LPC81XのISPモードの互換がなくなっている模様” の続きを読む