M5Stack用ユニバーサル基板

概要

  • M5Stack用のユニバーサル基板です。
  • ガーバーデータ、および3Dモデル(STLファイル)は、GitHubで公開しています。
  • M5Stack用プロトモジュール(以下、オリジナル)からの置き換えを想定したもので、以下のような相違点があります。
    • 30ピンコネクタの各ピンをランドに引き出しているので、配線がしやすくなっています。(その分、オリジナルに対して部品の実装スペースは減っています)
    • 30ピンコネクタは、オリジナルと同じ表面実装コネクタの他、DIPタイプの連結ピンソケットを使用できます。
      • DIPタイプを使うとスタックする高さが14mmとなり、オリジナルの6.5mmに対して背の高い部品を載せられるようになります。

基板と実装イメージ

部品実装面(ピンソケット)

M5Stack勘合面(ピンヘッダ)

オリジナルと同じ表面実装コネクタを実装した状態

DIPタイプの連結ピンソケットを実装した状態

コネクタの高さが分かりやすいように、少し傾けました。赤い部分は、M5Stackと勘合する部分を調整するためにかさ上げするためのスペーサで、高さは4.1mmとなっています。

オリジナル(右)と並べてみました。ピンヘッダの高さが大体合っていることを確認できると思います。赤い部分は、ユニバーサル基板をスタックするためのフレームで、14mmの高さがあります。

ユニバーサル基板を2枚使うと、M5StackのBOTTOMモジュールを使うことができます。2つのフレームをスタックしていますが、左側が14mm、右側が6.5mm(オリジナルと同じ)の高さとなっています。

14mmフレームと6.5mmフレームを外してみると、こんな感じになります。

手前に90度回転させた状態(コネクタの勘合状態が分かると思います)

2枚のユニバーサル基板には、このようにコネクタを実装します。右側の基板(表面実装のピンヘッダは実装しません)がBOTTOMモジュールと勘合します。この2つの基板は、内側(引き出しランド)のコネクタ同士で勘合します。

3Dモデル

  • 3Dプリンタで出力するためのモデルです。それぞれダウンロード(GitHubより)して、DMM.makeで注文すると精度の高い部品を作ってくれます。
    • 写真の左側が手持ちの3Dプリンタで出力したもの、右側がDMM.makeに発注したものです。(6.5mmフレームです。)

リンク

M5Stack用ユニバーサル基板キット