M5Stack用フレームの改善(対応完了版)

M5Stack用フレームを改善してみるでご紹介した方法をベースとして、色々と試行錯誤し、何とか下記に示すような手順を確立しました。現在は、この手順で製造したものを出荷しています。(なにぶん、手作業でやってますので、出来栄えに多少のばらつきがあります。ご容赦ください。)

  1. 14mmフレームと6.5mmフレームを、それぞれ上下に分割したパーツを3Dプリンタで印刷。

    (左側がツメを受ける側、右側がツメ部分です)

  2. 各パーツの接着面を紙やすり(#180くらい)。

    (やすりがけ前)
    (やすりがけ後)
    (ちょうどよい高さとするため、このような冶具を使います。上側が6.5mm用で下側が14mm用。)

  3. 14mmフレームと6.5mmフレームを、それぞれ接着。

    (上側が14mmフレーム、下側が6.5mmフレーム。それぞれ、こんな感じで上下パーツを合わせます。)
  4. 接着痕と積層痕をポリエステルパテを使用して埋め、さらにやすりがけ(#400と#600くらい)。
    (左側2つがパテ埋め後の状態。この段階で、それなりに表面はツルツルになってます。)
  5. サーフェイサー(#1000)をエアブラシで吹いて、さらにやすりがけ。(#2000と#3000)。

    (軽く光を反射するくらいには、ツヤが出てます。)

  6. エアブラシで塗装。

    Mr.カラー赤Mr.レベリングうすめ液で希釈して塗装した状態。)

  7. 表面をコンパウンドで軽く磨いて、完成。

    タミヤ コンパウンド(細目)を使用。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です