M5Stack用フレームの3Dモデルを見直しました

  • M5Stack用フレームのコーナー部分には、フレームとフレームを連結するツメがあります。
  • ツメのオス(凸)側を上向きにして印刷すると、メス(凹)側のツメ部分に90°のオーバーハングができます。サポート材を付けたりしますが、造形結果があまり綺麗になりません。
  • そこで、丸く抉るようにモデルを見直してみました。
“M5Stack用フレームの3Dモデルを見直しました” の続きを読む